角膜炎

角膜炎 | 痛みや刺激

角膜とはいわゆる黒目と呼ばれる部分のことですが、ここが何らかの原因で炎症を起こす症状を角膜炎と言います。角膜に細菌や真菌、ウィルスなどの微生物が感染することが主な角膜炎の原因となります。

角膜はいつも涙の膜に守られ清潔が維持されていますが、目を強くこすってしまったりコンタクトレンズの使用で傷ついてしまったりした場合や、ドライアイで角膜の保護が十分ではなかった場合などに微生物が付着、繁殖してしまうことがあります。

角膜炎は発症の原因によっていくつかの種類に分けられますが、総じて見たときの角膜炎の主な症状は、目の違和感やしょぼつき、涙が出てくると言った不快な症状や、強い目の痛みや激しい充血、目やにの増加と言った症状が起こります。

結膜炎と角膜炎は症状が似ていますし、患者が自己判断して区別するのは難しいですが、結膜炎が重症化するのは珍しく自然治癒が望めるのに対し、角膜炎は重症化し失明に至る可能性もある病気なので早急な対処が必要です。

もちろん、どちらの場合も医師に診てもらうことも適切な対処が必要なのは変わりませんが、いずれ治るだろうと放置した場合、失明のリスクが高いのはと言えば角膜炎の方です。

ここで角膜炎の起こり方から悪化するまでを辿ってみましょう。まず、何かしらの理由で角膜が傷つけばそこから細菌やウィルスに犯される危険性が高まり、感染が起これば角膜炎が発症することがあります。

角膜の傷が深くなると、強い目の痛みが生じると共に角膜に白っぽい濁りが生じることがありますが、この状態は角膜潰瘍と言って眼病の中でも重症のものです。角膜潰瘍が悪化すれば痛みは強くなり、次第に角膜に穴が開いてしまう角膜穿孔という状態になってしまうことがあります。ここから菌が侵入すれば失明に至ることもあるのです。

つまり角膜炎は放っておくと危険だということ。目の充血や痛みはできるだけ早く対処するようにしましょう。角膜炎に特に注意しなければならないのは、コンタクトレンズを使用する人です。

もちろん、適切に利用すれば問題はありませんが、レンズの管理が適当になってしまって、洗浄や保存方法が疎かになってしまったり、使い捨てのコンタクトレンズを続けて使ってしまったりとなってしまいがちではないでしょうか。

レンズを装着したまま長い間眠ってしまったり、目をこすってしまったりということも一度ならずあるのではないかと思います。角膜炎にかかる可能性を考えれば、コンタクトレンズの使用には慎重になるべきです。角膜が傷つけば角膜が細菌などに侵される可能性も高くなりますから、角膜に直接触れるコンタクトレンズは適切な使用を心がけるに越したことはありません。

「そんなことは言われなくても分かっているけどつい…」という方が大半だと思いますが、何となく目に良くないことは分かってはいても、角膜炎(などの眼病)が厄介だから気を付けなければと考えることはあまりないのではないでしょう。

コンタクトレンズの使用がそもそも角膜を傷つけてしまうリスクの高いものですが、発症者の大半がコンタクトレンズに使用者だと言われる、アカントアメーバ角膜炎という種類の角膜炎もあります。

アカントアメーバは比較的身近なアメーバで、水道水などにも生息します。通常は無害ですが、傷ついた角膜に感染した場合は脅威となることがあります。日ごろの生活の中で十分出会う可能性があり感染する可能性のある微生物ですから、やはりコンタクトレンズの使用には十分に気を使うことが大事です。

アカントアメーバ角膜炎に限らず、角膜炎の治療は長引いてしまいがちですが、アカントアメーバには適した薬がないので、感染すると特に治療が長引く角膜炎となりがちです。予防が第一、目を傷つけないことが第一ですから、コンタクトレンズ使用者は特に注意して目を大事に扱うようにしましょう。

目の健康成分

眼のおはなし