ものもらい

ものもらい | 痛みや刺激

ものもらいは俗称であり、正式には麦粒腫と霰粒腫という大きく分けて二種類ある目の症状を指します。

一般的にものもらいとして私たちが知っているのは恐らく麦粒腫の方で、これは瞼の裏側、まつ毛の根元にある分泌腺に細菌が侵入して炎症を起こすことが原因となって起こります。代表的な症状はゴロゴロとした違和感や痛み、腫れ、充血したり目やにが増えたりといった症状を伴うこともあります。

イメージとしては瞼の裏側にニキビができるようなもので、痛みはしますが手でいじったりしすぎて悪化したという状況でもなければ鈍痛や違和感と言った方が相応しく、激痛というほどではないことが多いです。

主に黄色ブドウ球菌のようなありふれた菌の感染が原因となって起こる症状と言われていますが、これは普段から私たちの皮膚上にも住む常在菌で通常は無害です。しかし小さな傷口や腺から侵入したり、抵抗力が下がっていたりする状態では感染により炎症が起こる確率が上がり、ものもらいができやすくなります。

汚れた手で目を触ってしまう、化粧やコンタクトレンズの装着の際に目を触ることが多いと言った習慣がある人は、ものもらいにかかる確率が高くなるかもしれません。当然、ものもらいができれば患部に触れることは厳禁。意識すると意外に難しいかもしれませんが、悪化を防ぐためにも気を付ける必要があります。

このとき、人目も気になるし、触れないように眼帯を付けようと考えることもあるかもしれませんが、眼帯や目につけるパッチはものもらいとは相性が悪く、あまり勧められるものではありません。蒸れてしまうと細菌の繁殖が進み、かえって治りが遅くなることがあるからです。

「ものもらいは人にうつると思われそう」と眼帯を使用する人もいるかもしれませんが、原因は自身の目を触る癖や目元の傷、そして抵抗力の低下といったことが症状の発症原因としては主なので、簡単にうつる病気ではありません。化膿がある程度進むことはあるかもしれませんが、重症化することは少ない病気ですので、触らないようにだけ気を付けて様子を見るようにすると良いでしょう。

ただし、完全に放置するべきでもありません。早く不快な症状を治めるためには病院に行って治療薬を貰ってくるか、ものもらい用の点眼薬を薬局で購入して治療を始めるのがやはり最善でしょう。

麦粒腫に対して霰粒腫と呼ばれる種類のものもらいは、マイボーム腺という涙と混ぜる油分を分泌するための線が詰まってしまうことで起きる症状です。痛みが無いか少ないのが特徴で、症状が軽ければ気付かないうちに治ってしまうこともあるものです。

痛みが少ないので、主な症状はまぶたに感じる違和感となります。まぶたの腫れぼったさが目立つなら問題かもしれませんが、そうでなければ経過観察をして問題ない症状と言えます。

霰粒腫はマイボーム腺の詰まりが原因なので、気づいたときすぐにできる対処法としては目元を温めるといったものがあります。清潔なタオルで蒸しタオルを作っても良いですし、市販の温熱を発するアイマスクを利用しても良いでしょう。

もっとも、このような目のケアは霰粒腫の予防になるだけでなく、何より疲労回復に役立ちますので、何はなくとも日頃の習慣にしてしまうのもおすすめです。総じてものもらいは緊急性が強い症状であることは少なく、目のトラブルの中ではよくあるものと言って良いでしょう。痛みや腫れに緊急性を感じないのであれば、慌てて病院に行く必要もない眼病と言えます。

しかし、どの病気にも言えることですが、やはり霰粒腫も数日で良くならない場合、痛みや違和感が気になる場合は、甘く見ずに医師に相談して早めに対処することが大切です。

痛みを感じず、緊急性も乏しい霰粒腫でさえ、場合によっては切開が必要になることもあります。ものもらいは様子を見る範囲と、積極的に診察、治療を進める範囲をよく見極めて、上手に対処していただきたい眼病です。

目の健康成分

眼のおはなし