緑内障

緑内障 | 視力に影響

緑内障とは、視神経が障害されて視野に欠損が起きる病気です。40代以降に多い病気で放置すれば失明に至りますが、緑内障の怖いところは病気の発覚が遅れてしまいがちだというところです。

私たちの目はお互いの視野を補い合ってしまうので、普段からよほど意識していないかぎり視野の欠損に気付きにくいのです。視野に違和感を抱くようになったり、日常生活で不便を感じるようになったりする頃にはずいぶん進行しているということですので、定期的に視野に欠けている部分はないかを確認すると良いでしょう。

ご自分で視野を確認する場合、例えば片目ずつ瞑って全体を眺めて視野の欠損を確認しようとしてもなかなかうまくいきません。それに、何となく見えないところがあったとしても盲点の存在を考慮に入れていなければ無駄に焦ってしまうことになります。

よってチェックシートを利用するのがおすすめですが、これはネット上で検索すれば簡単に探し出すことができますので、適当な期間ごとにチェックしてみると良いでしょう。

もちろん、これは簡易チェックの域を越えず厳密なものではありません。正確に視野の検査を行いたいのであれば眼科医に診てもらうことが必須であることはご理解いただきたいと思います。

視野の欠損の原因となる視神経が障害される理由は、眼圧の上昇が主で、明らかと言える原因の一つだとされています。私たちの目は、内側と外側の圧力が一定に保たれることで綺麗な球状(少し楕円形)を保つことができています。しかし何らかの理由でこの圧力の調節がうまくいかないと視神経を圧迫してしまい、視力に障害が出るのです。

この圧力調整に関わっているもので、房水(ぼうすい)というものがあります。房水は角膜と水晶体の間にいつも一定量あるものですが、通常は流れて行くものです。常に循環し栄養を目に行き渡らせ、老廃物を受け取り排出する役割もあるのです。

この循環のバランスが一定に保たれていれば眼圧も正常に保たれるのですが、房水の循環がうまくいかず目に溜まっていく一方になった場合には眼圧が上昇していきます。

循環のバランスが崩れる原因は何かと言うと、房水が流れ出る経路が詰まってしまったり塞がれてしまったりすることが挙げられます。房水は水晶体と角膜の間にいつも一定量ありますが、生み出されては排出される液体なので、当然に房水が辿る経路というものがあります。

毛様体で作り出された房水は隅角(ぐうかく)という狭い道を通って、繊維柱帯という網目状の構造を持つ組織を通ります。ここでろ過された後にシュレム管というところを通って排出されますが、繊維柱帯で目詰まりを起こすとシュレム管を通ることができずに房水が溜まります。また、隅角が狭くなりすぎたせいで房水が通り抜けられなくなるケースもあります。

このように、房水が溜まり眼圧が上がる経緯にも種類があり、原因別に緑内障もタイプ分けされています。繊維柱帯が目詰まりを起こし房水が通れない場合は「原発解放隅角緑内障」、隅角が塞がれてしまっている場合は「原発閉塞隅角緑内障」と呼ばれます。

原発解放隅角緑内障では、眼圧が高くなるタイプと正常値を保つタイプがあり、なぜ眼圧が高くないのに視神経が圧迫されてしまうかについては、強い近視であることや元々視神経に圧力の抵抗があまりないことが原因として推測されていますが、まだあまりよく分かっていません。

緑内障は、基本的に視野の欠損以外の自覚症状が無いことが大きな問題です。視野が欠けるのは緑内障の症状ですが、その原因となる房水の循環トラブルはもっと以前から始まっているということですから、できればその時点から察知したいところです。

視神経は一度障害されてしまうと元に戻ることはありません。自覚しにくい病気ですが、緑内障は40代を越える頃からは気にかけておきたい病気の一つです。眼圧の高さが一つのパラメーターになりますから、検査をする機会があれば積極的に受ける、眼圧が高いと言われたら本格的に眼科で診てもらうということを徹底しましょう。

また、はっきりとした相関関係は分かりませんが、血行を良くしておくに越したことはないと言われていますから、運動を心がけたり、喫煙を控えたりすることが予防につながるかもしれません。

いずれにせよ、身体の健康を意識することは目にも良い影響を与えますから、できる限りで血流を意識した生活習慣を送りましょう。

目の健康成分

眼のおはなし