結膜炎

結膜炎 | 痛みや刺激

眼球とまぶたの間には、結膜という薄い膜があります。眼球とまぶたを繋ぎ、かつ目が円滑に動くようにしてくれて、潤いと栄養を保ちながら私たちの目を守ってくれているのが結膜です。

結膜が炎症を起こすことを結膜炎と言います。外界に晒されることが多いので、細菌やウィルス、花粉やゴミなどの影響を受けやすく、炎症を起こすことがあるのです。症状は充血や痒みが中心ですが、ゴロゴロとした違和感や目やにといった症状も伴います。

原因は大きく分けて細菌性やウィルスの感染で起こる感染性結膜炎と、アレルギー症状として炎症が起こるなど非感染性の結膜炎の二つです。

アレルギーが原因となる結膜炎は他人にうつす心配がないところは安心ですが、人によっては毎年花粉の季節になると症状が辛いという方や、いつも身近にアレルゲンがあるせいで慢性的に結膜炎に悩まされているという方もいるかもしれません。また、アレルギー反応なので目以外にも呼吸器の症状も表れて大変つらいでしょう。

失明に至るようなことはないにしても、他の症状と重なることもあり多大なストレスとなり得ますから、早めにアレルゲンから遠ざかるようにしたり、アレルギー症状を抑える目薬や飲む薬を使用したりと根本的な対策を取りたいところです。

感染性の結膜炎の原因となるものには、例えばブドウ球菌などの細菌に対する過剰反応によるものや、アデノウィルスといったウィルスに感染して起るものがあります。細菌性とウィルス性の結膜炎を比べると、ウィルス性の結膜炎の方が圧倒的にポピュラーです。

アデノウィルスはありふれた菌で感染しやすく、8型や19型のアデノウィルスが原因となる流行性結膜炎(はやり目)や3型や4型のアデノウィルスが原因となる咽頭性結膜炎(プール熱)はしばしば家族間や学校内で流行します。

また、エンテロウィルス70型などが感染して起る急性出血結膜炎も、しばしば流行することがある結膜炎の一つです。感染してからの潜伏期間が短く、発症してからは症状が進むのが比較的早く、強い痛みにはじまり、激しい充血、白目部分の出血が特徴的です。全身症状として発熱や咳、喉の痛みなどがあり、大変つらい症状です。

ウィルスそのものを効果的に排除する薬はなく、治療は自然に抗体ができるまで炎症を抑えるなどの対症療法に限られます。ウィルス性結膜炎は誰もがかかる可能性があり、目の病気の中ではポピュラーなものですが、特に小さなお子さんは抵抗力が弱くかかりやすい病気です。

普通は失明や視力低下に関わる怖い病気という訳ではありませんが、激しい痒みや違和感がありますから、特にお子さんの場合は汚れた手で触ってしまう、思わず目をこすってしまうといった行動には大人が注意を払ってあげる必要があります。

よくある症状だからと言って放っておくのではなく、悪化する可能性や他人にうつす可能性もあるので、病院で診断を受ける前でも学校や仕事を休む決断をする、すぐに病院に行き適切な治療を受けるなどの処置も大事です。

また結膜炎には混合感染と言って、ウィルスに感染し炎症を起こしているせいで抵抗力が弱まり、別の細菌に感染して悪化してしまうケースがあります。悪化すると後遺症として角膜の濁りが残ったり、ドライアイの症状が残ったりことがあります。

よくある症状で、よく経験する症状ではありますが、目のダメージを最小限に抑えるためにも、早めの対処をして、辛い期間が少なくなるようにしてください。

目の健康成分

眼のおはなし