VDT症候群

VDT症候群 | 体調に影響

目の疲れの中でも、特にPCやスマホの画面を見続けることによる眼精疲労のせいで様々な身体症状が表れるのを指してVDT症候群(別名:テクノストレス眼症)と呼びます。VDT症候群は目の疲れや違和感はもちろんですが、全身症状や精神的な症状となって現れることもあるので、決して軽視はできません。

ところが、現代に生きる私たちの生活からはPCやスマホ画面を切り離すのは難しいことです。仕事からプライベート、娯楽に至る様々なシーンでデジタル機器は手放せない存在ですから、VDT症候群の一連の症状から逃れられないという人も多いのではないでしょうか。

VDT症候群の症状をもう少し詳しく説明すると、目には不快感や違和感、ドライアイや眼精疲労などを感じます。目の酷使が続けば視力の低下に繋がるでしょう。

身体的な症状としては肩、首、背中の痛みやこり、伴って頭痛が起きたり、全身がだるく感じたりというような症状を認めることができます。精神的な症状ではイライラや不眠などが挙げられます。休みたいのにうまく休めない、目は疲れてるのにすぐに眠れないなどの不都合が重なれば、それによってもイライラや焦燥感が増すこともあるでしょう。

こうして並べれば、多くの方にとっては別に珍しくもないものだと思うのではないでしょうか。確かに、デジタル機器の使用が当たり前の現代ではある程度仕方のない症状なのかもしれません。避けようとしても難しいでしょう。しかし、身体に不調がある状態が普通だと割り切るのは少し考え直してほしいところです。

IT機器が仕事はもちろん一般家庭、そして個人にまで十分に普及するようになると、VDT症候群はそれまでよりも深刻な問題として認識されるようになりました。

厚生労働省では「VDT 作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を策定し、作業者の心身にかかる負担を軽減するために事業者が整えるべき作業環境や作業方法、そして作業者の健康状態をただしく把握し、問題があれば措置を講じるための指針としました。

これは事業者に向けられたガイドラインではありますが、作業者も十分に把握すべき内容で、どんな環境で、どんな方法でVDT作業を行うのが適正かが知れるものです。しかし、ガイドラインがあるからと言って、必ずしもその通りに実行できるとは限りません。

作業環境や作業方法は事業者の努力によって整えられるかもしれませんが、作業姿勢や休憩の取り方などは一律で強制できるものではありませんし、体格や元々の視力等に個人差がある以上、疲れやすさにも個人差があります。よって、ある程度それぞれが自分の体調や疲労度を気にかけ、身体に極力負担をかけない方法で仕事を続けられるように工夫する必要があるのではないでしょうか。

完全にVDT症候群から逃れるのは難しいかもしれませんが、一定時間画面を見つめたら少しだけ休んで外を見るとか、目や体を動かすというちょっとした予防行動はできるはずです。また、視力が下がっているという自覚があるのであれば、眼科医に診てもらいメガネやコンタクトを新調すること、治療が必要な症状があれば治療を進めることも重要です。

なぜなら、そういったハンデが目にかける負担を増加させる要因になるからです。単純に度が合わないメガネを使って作業をしていた方が疲れるのが早いということ。面倒かもしれませんが、ご自分でコンディションを整えようとすることは大事です。

また、作業中はついつい夢中になってしまい、自分でも疲れに気付くのが難しくなってしまいます。一度疲れを自覚するとその後にまた集中状態に戻すのが難しいなどの理由で意識的に仕事を継続する方もいるでしょう。

しかし、長期的に見れば、心身に過度な負担をかけるのは得策ではありません。ぜひ長い目で見て、IT機器との付き合い方を考えてみてくださいね。

目の健康成分

眼のおはなし