加齢黄斑変性

加齢黄斑変性 | 視力に影響

加齢黄斑変性症は、網膜の中でも特に視力の中心を担う黄斑部という部分が侵される病気です。

黄斑部には視細胞が多く集まっており、黄斑部の中でも特に中心窩(ちゅうしんか)と呼ばれる小さなくぼみには特に視細胞が集中しています。この部分が障害されてしまうと、視力の著しい低下が起こり日常生活に支障を来します。

加齢黄斑変性の症状は、視力の低下の他にもいくつか特徴的なものがあります。例えば、視力が落ちるのに加え視界の中心がボヤける、視野の中心部分が歪んで見える、もしくは中心部分が暗く見えたり黄色っぽく見えたりするというものがあります。

視界の歪みを確認するためのアムスラーチャートというチェックシートがありますから、いますぐにチェックしてみたいという方は検索して確かめてみることをおすすめします。加齢黄斑変性は視力の中心部分に障害が起きる病気で放置すれば失明に至るので、もしご自分で検査して少しでも心配がある方は医師に相談してみると良いでしょう。

ところで、なぜ視力の中心である黄斑部が障害されてしまうのでしょうか。

加齢黄斑変性には「滲出型」と「萎縮型」の二種類があります。滲出型と呼ばれる加齢黄斑変性は、脈絡膜という部分に通る毛細血管から本来存在しなかった新生血管が発生し、網膜に向かって伸びてくることがきっかけになります。新生血管は非常にもろく、途中で破れると血液成分が浸出し黄斑部が侵されます。

萎縮型の加齢黄斑変性は視細胞の代謝を担う、網膜色素上皮が萎縮することが原因で起こるとされています。新しい視細胞を上手に生み出すことができないので、ここが萎縮を起こすとでゆっくりと黄斑部の視細胞に影響を及ぼすことになるのです。

滲出型と萎縮型では、滲出型の加齢黄斑変性の進行の方が早く、日本では患う方も多いと言われています。しかし、滲出型の原因である新生血管の成長は抑える治療が取れる一方、萎縮型の治療法はまだ確立されていないのが現状なので、どちらのタイプの方がマシだということでもなさそうです。

ただ滲出型の加齢黄斑変性の方を患う方の方が多いこと、進行が早いこと、治療法はあることを考えれば、加齢黄斑変性は早期発見、早期治療を心がけることが何より大事です。

加齢黄斑変性を患わないために日ごろからできることは、残念ながらあまり多くはありません。明らかに危険因子となり得るのは、喫煙や強い紫外線を浴びること、また遺伝の要素もあるということが知られています。また、目の酸化を防ぐ食品を摂ることは加齢黄斑変性の予防に役立つとも言われます。

具体的には抗酸化物質であるビタミンCやE、いくつかのカロテノイド(β‐カロテン、ルテイン、ゼアキサンチンなど)、亜鉛、オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)などを積極的に摂ることが加齢黄斑変性の予防に有効だと言われます。

しかし、そもそも私たちの身体は加齢に伴いダメージが蓄積しやすくなり、さまざまな障害が生じるのはある程度避けられないところですし、その障害がどのような形で表れるかは分からない部分が多いです。

加齢黄斑変性も、それがたまたま黄斑部が侵される形でダメージが現れたということで、特殊なものに見えるかもしれませんが、歳を取れば誰でもかかる可能性のある病であり、直接的に「これが原因です」と言えない症状です。

気を付けるとすれば、目の健康を維持する努力をするということに尽きます。そしてそれは身体の健康を考えることとほぼ同じ意味になります。日ごろから身体がストレスダメージと戦うための栄養を摂ること、血行不良に気を付けること、定期的に検診を受け早期に治療を開始できるようにすること。

加齢黄斑変性にはこの心掛けが大事ですが、やはり一番大切なのは異常があった場合迷わず病院で診てもらうことです。40歳を過ぎれば視力を失う眼病にかかる可能性があるということを考慮にいれておきたいところです。

目の健康成分

眼のおはなし