目の疾患と眼の病気

目の健康はQOLに深く影響します

現代は知らず知らずのうちに目の酷使を余技なくされる時代ではないでしょうか。

目を酷使している感覚もないままに常時目を使うことが当たり前の時代。目が疲れていることにもなかなか気付けないまま、いつの間にか視力が下がっていたり視力に支障を来したりしている可能性がある時代。娯楽から仕事まで、私たちの身の回りの至るところに情報は溢れ、それを追うために目はいつもフル稼働状態です。

現代ではPCやスマホの刺激的な画面を通して情報を受け取ることが多くなりました。また、時代を経るに従ってWEB上のコンテンツやサービスも進化しました。コンテンツやサービスの向上により利便性も娯楽性も高まり、モバイル端末を利用する機会が増えただけでなく、画面をじっと見つめる時間が長くなったという変化もあります。

中には朝起きてから寝る直前まで明るく刺激的な液晶画面と向き合っているという方も少なくないはずですから、目にかかる負担も相応に上昇していると思われます。

ところが、目を酷使する状態が普通となってしまえば、目に負担がかかっている状態を認識するのも遅くなり、慢性的に疲労していることが当たり前になれば少なからず全身症状として不調が表れるため、相対的に目の疲れを自覚することも難しくなるかもしれません。

例えば、目の疲労は肩こりや頭痛と言った症状を引き起こします。目の疲労は集中力を保つことを困難にしますし、集中力が保てなければより作業に時間がかかるという悪循環を生み出します。このとき、肩や頭の痛みを差し置いて、まず目の疲労を改善しようと考える人がどれだけいるでしょうか。

また、就寝前に液晶画面を見ることは自律神経の乱れに繋がり、正常な眠りを妨げることもあります。自律神経が乱れれば、イライラや落ち着きのなさといった精神的な症状に繋がる可能性もあり、やはり悪循環を生み出します。

現代において、目の疲労は当たり前と言って差し支えないものであり、特別な状態ではないため、全身や精神に深い影響を与えているにも関わらずあまり注意されない傾向にあるのではないでしょうか。

もちろん、目の疲労が身体や精神に一方的に影響を与えているとは言い切れません。姿勢の悪さが目の疲労を加速させることも、精神の乱れが目の疲労を加速させることもありますから、双方向に影響を与えあっていると考えるのが妥当です。

しかし、知らず知らずのうちに目を酷使するのが当たり前の時代では目の負担を抑える工夫をすることが全身の疲労を軽減するための近道になるに違いなく、そうでなくても目を過剰に働かせがちな私たちは、目を労わることを考えても良いはずです。

目を酷使していることに気付くのが第一歩、そして目を酷使することで身体に様々な影響が出ると知ること、改善のためにはどうすれば良いかを考えるという風にステップを踏んで、現代と目の疲労について考えていきましょう。

そしてもっとも注目していただきたいのは、目を労わることはしばしば身体を労わることと同じであるという点です。目も例えば体内の臓器と同じように、酷使すれば故障しやすくなりますし老化が早まります。そして体中のあらゆる細胞と同じように、酸化ストレスが病気の原因になる器官なのです。

目の疲労も、老化も、そして病気も、ある程度避けられないものです。はっきりとした原因もなく目を酷使しがちな生活習慣と、自然な加齢現象が重大な眼病を引き起こすことがあります。

眼病を予防するために効果的だと確実に言えることがあるとすれば、疲労やストレスを溜めないようにすること、栄養をしっかりと摂ること、血流を良く保つことといったような、いわゆる健康のために気を付けるべきことを徹底することになります。そのことを知った上で、意識的に目を休ませることや目に必要な栄養をしっかり摂ることが重要です。

目が大活躍する時代だからこそ、目の健康は私たちのQOLに深く影響します。健康的に目を保って、活発な人生を少しでも長く送るため、目の健康について一度考えてみませんか。

目の健康成分

眼のおはなし